かすみのフルートレッスンのブログ

埼玉県川越市かすみ野のフルート教室です。

首の前後の角度を気にしてフルートを吹いてみる

おはようございます。こんにちは、こんばんは。
「かすみのフルートレッスン」です。

”フルート演奏に役にたつかもしれない”お話です。

動きの提案をする事がありますが、
お試しになる場合は無理せず自己責任でお願い致します。


本日のタイトル
首の前後の角度を気にしてフルートを吹いてみる

フルートを吹くときに顔が前に出てしまう方が多いです。

理想は、首の骨の上に頭蓋骨が乗っかっている状態です。

顔が前に出てしまう状態でも首の骨と頭蓋骨はつながっていると思うのですが、
首の骨に乗っているというよりも、首、胸、背中の筋肉でひっぱっている状態だと思うのです。

首、胸、背中が引っ張られていない状態で吹いたフルートの音は
気に入ってもらえるのではないかしらと思うのです。

それではまた、
次回も読んでくださると嬉しいです。

首の左右の角度を気にしてフルートを吹いてみる

おはようございます。こんにちは、こんばんは。
「かすみのフルートレッスン」です。

”フルート演奏に役にたつかもしれない”お話です。

動きの提案をする事がありますが、
お試しになる場合は無理せず自己責任でお願い致します。


本日のタイトル
首の左右の角度を気にしてフルートを吹いてみる


フルートを吹いていると右手が下がって顔が左に傾き安いです。
その事を指摘するとほとんどの方が
右手(フルート)を少しあげると思います。
しかし、何故かそれと連動して頭を左に傾けてしまいます。

なので「フルートを上げてください」とは言わないで動きについて説明をします。
文字では書きづらいので
気になる場合のチェック方法としては録画が効果的だと思います。
最初から鏡を見て演奏すると調整してしまって普段フルートを吹いている状態が
見られないです。

フルートの歌口と唇が平行な状態でいい音が出る方が多いですが、
フルートを傾けたままでもいい音がでる方はそのままでいいと思います。

それではまた、
次回も読んでくださると嬉しいです。

フルートをアゴに押す事で改善

おはようございます。こんにちは、こんばんは。
「かすみのフルートレッスン」です。

”フルート演奏に役にたつかもしれない”お話です。

動きの提案をする事がありますが、
お試しになる場合は無理せず自己責任でお願い致します。


本日のタイトル
フルートをアゴに押す事で改善

フルートをアゴにしっかり押すことで演奏が改善する方が多いです。
息がしっかり入って音色が安定するのだと思います。

押しすぎには注意です。

それではまた、
次回も読んでくださると嬉しいです。

フルートでクレッシェンドは少し先まで

おはようございます。こんにちは、こんばんは。
「かすみのフルートレッスン」です。

”フルート演奏に役にたつかもしれない”お話です。

動きの提案をする事がありますが、
お試しになる場合は無理せず自己責任でお願い致します。


本日のタイトル
フルートでクレッシェンドは少し先まで

フルートの楽譜にクレッシェンドがあったら
楽譜内のクレッシェンドの終わった音と
その次の音二つくらいまで
大きな音で吹いてあげると素敵だと思います。

かならず2つではなくて毎回実験が必要だと思います。

楽譜的にはディミヌエンドが始まっていても
まずは実験してみてください。

それではまた、
次回も読んでくださると嬉しいです。

フルートで高音を小さく吹く

おはようございます。こんにちは、こんばんは。
「かすみのフルートレッスン」です。

”フルート演奏に役にたつかもしれない”お話です。

動きの提案をする事がありますが、
お試しになる場合は無理せず自己責任でお願い致します。


本日のタイトル
フルートで高音を小さく吹く

曲の中で上行形のスケールやアルペジオで高音を
小さくする指示がある場合があります。

高音を小さく吹くのは難しいですよね。

小さい音の高音を吹くために唇を閉めすぎると
かすれた音になってしまいます。

そんなときは、
小さく吹く音の手前の音に息をしっかり入れて響かせると
その後の高音はその余韻で吹ける(場合がある)と思います。

それではまた、
次回も読んでくださると嬉しいです。